ヴィーナスアイズは危険なのか?

ヴィーナスアイズは危険なのか?

最近、テレビやインターネットサイトなどで、「カラコンは危険」というニュースを目にしますよね?
確かに、カラコンは使い方や選び方によっては危険です。
では、ヴィーナスアイズは危険なのでしょうか?

 

ヴィーナスアイズは、とことん安全性にこだわって作られています。
医療用のコンタクトレンズを製造する工場と同じ場所で作られ、厳しく検品されています。
酸素を通すために細かいドットによる着色を行い、
付け心地を良くし、かつ色素が目に触れないために、サンドイッチ製法やキャストモールド製法を採用。
さらに、眼球を傷付けない丸いエッジ、計算された含水率など、
目にやさしくするための工夫をしっかり施しています。

 

それに、厚生労働省に高度管理医療機器として認められており、
万が一色素が目に触れた場合も、安全性は十分だと検査で確かめられています。
従って、ヴィーナスアイズは、安全に使えるカラコンですよ!

 

ただ、問題なのがその使い方。
この間、テレビで「カラコンを使っているけれど3日間外してない〜♪」何て笑いながら言っている若い女性が出ていましたが、
そんなことはもってのほか!
カラコンだけじゃなく、コンタクトレンズも、1日の装用時間が決まっているし、寝る前には必ず外してお手入れし、
保存液に付けておく必要があります。
ワンデーの場合は使い捨てなので、外した時点で捨ててしまいましょう。
「2週間」など期限が決まっている場合は、開封してからカウントし、期限を過ぎたら迷わず処分です!

 

コンタクトレンズやカラコンは、使い方の決まりをしっかりと守ることが何よりも大事です。
レンズを初めて買う場合は、一度必ず眼科へ行って、自分の目のカーブ具合(BC)や度数などを確認し、
それに合う商品を選ぶことが欠かせません。

 

装着する時、外すときの清潔も大事なので、手洗いは必須。
ちょっと面倒ですが、これらのことができないなら、カラコンはどんなものでも一気に危険になってしまいますよ!
責任感をきちんと持ち、正しい使い方で、ヴィーナスアイズでのオシャレを安全に楽しんでくださいね。