ヴィーナスアイズの製造国について

ヴィーナスアイズの製造国について

海外から輸入されたカラコンが、粗悪品だったために、
目にトラブルが起きたというニュースを聞いたことがある方がいると思います。
確かに、カラコンの規制が厳しくなる前は、粗悪な商品が輸入され、雑貨店などに売られていました。
最近はカラコンの規制が厳しくなり、粗悪商品が売られることもほぼなくなっていますが、
それでも、カラコンの品質が気になる、日本製のものが安心できるんだけど…、という方もいるでしょう。

 

例えば、モデルやオシャレにうるさい女の子の間で人気のある、ヴィーナスアイズは、
どこの国で製造されたものなのか、気になる方も多いかもしれませんね。

 

ヴィーナスアイズは、日本で高度管理医療機器と承認された商品ですが、
日本国内で製造されたものではありません。
通販サイトやドンキで購入することができるヴィーナスアイズは、台湾とシンガポールで作られたものです。

 

でも、製造国が日本ではないからヴィーナスアイズは危険!というわけでは決してありません。
コンタクトレンズ販売店で眼科の診察を受けてから購入するような、
普通の視力矯正用のコンタクトレンズ(アキュビューなど)も、ほとんどが海外で製造されています。
日本国内で作られているコンタクトレンズやカラコンは、ほとんどないのが現状です。

 

しかも、ヴィーナスアイズは、専門の技術を取得したプロの技師が、
一つ一つ丁寧に、高度な技術を駆使して作成しています。
さらに、作られたレンズは、検査のプロの目によって厳しく丁寧にチェックされています。

 

それに、ヴィーナスアイズを作っている工場は、
世界中の多くの医療用コンタクトレンズを作っている工場と同じなので、
適当な工場で作られた適当な商品などでは全くありません!
海外製でも、きちんと衛生管理や品質管理をなされた上で作られているので、
安心して使うことができるんですよ!

 

デザインの良さだけではなく、付けていても違和感が少なく快適なので、
たくさんの方が安心してリピートしているんです♪