コンタクトレンズの付け方のコツ

コンタクトレンズの付け方のコツ

コンタクトレンズの付け方って、難しそうだな、コワそうだな、というイメージがありますよね?

 

眼科で初めてコンタクトを買う時には、丁寧に付け外しの指導をしてもらえますよ。
通販で処方箋なしでカラコンなどを買う場合も、コンタクトが全く初めての人は、眼科で調べてもらわないと分からないBCやPWRといった数値が必要ですから、必ず眼科へ行きましょうね!

 

でも、コンタクトレンズに慣れていない人は、眼科で練習しただけでは、
付け方のコツがなかなかつかめなくて、戸惑いますよね。
特に、ソフトコンタクトレンズは、ハードレンズより大きくて、
黒目よりも一回り大きいため、なかなか入りづらいという人もいます。
しかし、慣れてくれば簡単につけられるようになるから、安心してくださいね♪

 

まずは、手指をせっけんできれいに洗い、清潔なタオルでしっかりと水分をとります。
そして、レンズを指の上にのせるのですが、フニャっとして形が崩れた状態では、うまく目に入りません。
指の上でお椀のようなキレイな形になるようにしましょう。
レンズの裏表が逆の場合は、キレイなお椀型にはなりませんから、注意してくださいね。

 

その時に、レンズに汚れやキズがないか、ゴミが付着していないか確認するといいですよ。

 

次に、目をグイッと大きく見開きます。黒目が完全に全部見えるようにしましょう!
目が小さい人は、コンタクトを載せていない方の指で、ググッとまぶたをひらくとよいですよ。

 

そして、コンタクトを目に近づけて行くのですが、レンズをじっと見ていては入りづらいので、ちょっと遠くを見るようにしましょう。
また、つい視線を下にやってしまう人もいますが、まっすぐ前を見るようにしましょう。

 

コンタクトが目に近づくと、反射的に目を閉じようとしてしまうかもしれませんが、ぐっとこらえて!
そっと目にのせるように、コンタクトを置いてください。

 

どうしてもよく分からないなら、インターネットで付け方の画像を見つけたり、
動画を探して見てみると、イメージがつかめるので、よいかもしれませんね。